クリスチャン・ラッセンの絵はどんな技法で描かれているのですか?

ラッセンの見事な絵は、どんな技法によって描き出されているのでしょうか。

技法については詳しく明かされていませんが、少ない情報の中で探ってみましょう。

■根気強く塗り重ねることでできる透明感・立体感。

ラッセンの技法はあまり詳しく明かされていませんが、キャンバスのフラットな面に、薄めに溶いた絵の具を何回も塗り重ねていくやり方が基本になっています。

非常に根気のいる仕事ですが、この方法なら自分のイメージしている色の濃さや深さ、濃淡を忠実に作り上げていくことができます。

一般的な手法は絵の具をそのままパレットにおいて、調合しながら描いていきます。

濃い下地の上にまた絵の具を塗り重ねていくやり方なので、透明感は失われていきます。

■ラッセンの絵は想像以上に多い層でできている。

ラッセンの絵をX線で透視してみると、圧倒的に多い層で出来上がっていることがわかると思います。

何度も何度も塗り重ねた絵の具が独特の色合いを生み出し、そしてそれがラッセンの絵の特徴として評価され「絵に奥行きがあり三次元の世界」、「3D画法」と表現されているのです。

ラッセンの作品に欠かせないこの塗り重ね方は、実は「グレイジングテクニック」と呼ばれるもので古くから伝承されてきたものでもあります。

海など海洋系の風景を描くには最適です。

■ラッセンの絵は写真のようにリアル。

シュールリアリズム、薄く塗り重ねた幾層もの絵の具が、写真のようなリアルな風景を描き出しています。

この技法に加えてラッセンは空など一部の光景を描き出すときにはエアブラシを使うとされていて、エアブラシの空と、海の表現に使われるグレイジングテクニックによって、透明感と奥深さ、立体感がみごとに描き出されているのです。